2010年07月26日

飲酒運転の規定厳格化

本7月23日にメドベージェフ大統領が飲酒運転車(セダン)の規定の厳格化に関わる法律に署名し、今日7月26日のロシア新聞(Российская газета)で公布され、法律が施行されました。

これまでの規定では、血液1Lにつき0.3gまたは呼気1Lにつき0.15mg未満という許容範囲(日本と同じ水準)が設けられていましたが、この法律が施行され、0.01mgでもアルコールが検出されれば、飲酒運転となりますがく〜(落胆した顔)

INTERFAXの記事にもあるように、飲酒運転による交通事故が多発しており、飲酒運転を取り締まる必要性があることに疑いの余地はなく、この法律の方向性は間違っていないと思うのですが、その効果については大いに疑問exclamation&questionです。

というのは、これまでも飲酒運転をしている人にとっては、この法律改正は大して影響がないから爆弾。なぜか。

そういう人たちは、これまでも法律に関係なく、飲酒運転ビールをしており、例え、交通警察に捕まったところで、賄賂有料を渡して切り抜けているから。影響があるとすれば、交通警察に渡す賄賂の額が上がる右斜め上くらいでしょう。

影響が大きいのは、一般のドライバー。理由は、アルコール飲料を飲まずともアルコール反応が出ることがあるため。

РБК(RBC)によると、クヴァス(квас, アルコール度数0.1%-2.6%)、ケフィール(кефир, ケフィア, アルコール度数0.05%-0.2%)などの乳発酵製品、薬など少量でもアルコールを含むものを飲んだ場合、また場合によってはぶどうなどのフルーツを食べた時にも、アルコール反応を示す場合があるため。交通警察のモラルは残念ながらまだまだ低いため、この法律による効果は、交通警察が賄賂を要求する機会を増やすだけふらふらと言った見方が一般的なようです。

前日に飲んだお酒が少しでも残っているとアウトむかっ(怒り)というのは、お酒が好きなドライバーにはかなりスリルがあります。

人気ブログランキングへ

翌日の運転のことを考えると、ダーチャへ行ってパーっビールと飲みたくても、なかなかそうもいかなくなりそうですもうやだ〜(悲しい顔)
posted by Masakazu at 23:08| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

備中館

相変わらず、暑い日が続いています。
昨日、モスクワでも地域によっては雨が降ったようですが、私の住む北部は雨雲だけで、雨は一滴も降りませんでした。

モスクワに住み始めて6年以上が経ちましたが、ここまで厳しい夏は初めてです。
この酷暑で思い出すのは、大学時代を過ごした備中館のこと。

備中館とは、東京にある岡山県人寮で、明治32年(1899年)に阪谷芳郎子爵大原孝四郎馬越恭平大原孫三郎の諸氏等と相諮って、郷土出身学生の為に設立された由緒ある寮(現在の館長は橋本久美子氏(橋本龍太郎元首相の夫人))で、私の父親もこの寮で大学4年間を過ごしました。

備中館では、基本的に学生が自治を行うため、館生である学生が幹事を決めて、仕事を分担し、月に1回総会という寮生活についての話し合いの場が持たれます。私もコーラ幹事(寮内にあった自動販売機のジュースの注文やお金の管理)から始まり、学年が上がるごとに、重要度の高い自治幹事(寮費、寮の運営に関わる経理全般)、館生の代表である総務幹事も務めました。また、OBの方々に寮へ来て頂くような機会も年に数回あり、そこではOBの方々からお話を聞き、また学生にも1人1人発表の場が与えられます。これだけを聞くと大変そうに聞こえますが、そんなに大したことはありません。もちろん、共同生活をする上で多少の犠牲は必要ですが、逆に、共同生活を通じて得られるモノのほうがはるかに多いことだけは確かです。

そんな多くのモノを私に与えてくれた備中館ですが、本当につらいこともありました。それが夏の暑さたらーっ(汗)。建物は1955年(昭和32年)に建築された鉄筋2階建てで、電力・電気代の関係もあって各部屋にはエアコンがありません(談話室、通称「社長室」にのみエアコンがあった)。また、場所が小石川植物園の裏にあるため、東京の中心部であることを忘れてしまうくらい緑が多い半面、風がなかなか通らず、ヒートアイランド現象により、夜中になっても気温が下がらず、部屋の中は蒸し風呂状態です。寮に入って初めて知ったことは、扇風機を自分のほうではなく、自分とは反対側のドアの外へ向けたほうが涼しいということ(部屋の空気の流れダッシュ(走り出すさま)を作るため)。

あまりに暑いので、夏は極力寮にいないようにしていましたが、それでも寝る場所は飽くまで寮。夜は、普通に寝ようとしても暑くて眠れないので、よくやっていたのが朝方4時〜5時頃に放射冷却で若干涼しくなってから寝るとという方法と、眠れないなら働いちゃえということで、アルバイトモバQなどで疲労の極限まで睡眠を取らないという方法。

モスクワの暑さ晴れが、私のそんな学生時代を思い出させてくれました。

人気ブログランキングへ

モスクワは、夜11時頃には少し涼しくなってくれるので、徹夜する必要がなくていいわーい(嬉しい顔)
posted by Masakazu at 03:10| モスクワ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

あちっ

私の両親が6月下旬にモスクワに来てから2週間ほどが経ちましたが、ほとんど雨が降らず晴れ、連日30度を超える日が続いています。

両親は息子とダーチャで生活しており、ご近所の方たちとも仲良くやっているようなのですが(ちなみに、両親はロシア語を話しませんexclamation)、雨があまりに降らないので、水不足になるのではないかと少し心配をしています。ただ、ダーチャでの生活は来週半ばで一旦中断し、私以外はオデッサリゾートに旅行へ行く予定なので、まあ問題ないでしょうけど。

モスクワのアパートでは、妻キスマーク主導で、現在、改装作業(レモント/Ремонт)モバQをやっています。壁紙の張り直しやペンキの塗り直しがやっと終わったところで、まだこれから、床の修繕や家具の購入・設置などをすることになっています。計画していたより作業は遅れていますが、トラブルもなく順調に進んでおり、想定内。両親に息子の面倒を見てもらえる間には、何とか改装作業をすべて終わらせたいですね目

私のほうは、申請していた一時居住許可がやっと先週取れた手(チョキ)のですが、その後に行う住居登録手続きなどで躓いておりますふらふら。7月下旬にオデッサ旅行に合流する計画なのですが、かなり見通しは厳しいですバッド(下向き矢印)

暑い日が続きすぎて、ちょっとバテ気味たらーっ(汗)なので、少し涼しくなってくれるといいなぁなんて淡い期待を抱いています。Yandex天気予報によると、まだ1週間は30度を超える日が続くそうですもうやだ〜(悲しい顔)

人気ブログランキングへ

大陸性の気候だから天気は日本より予想しやすいはずなのですが、Yandex天気予報の週間予想は全く当てになりませんわーい(嬉しい顔) どうゆことexclamation×2
posted by Masakazu at 00:35| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。