2010年09月15日

アルコールの販売規制(2)

モスクワ市内でのアルコールの販売規制が強化されましたexclamation×2

これまで、夜11時夜〜朝8時晴れまでのアルコール度数15%を超える酒類バーの販売が禁止されていましたが、9月1日からは販売禁止の時間が夜10時夜〜朝10時晴れと3時間延びました。

この販売規制に違反すると、販売店はアルコール販売のライセンス剥奪がく〜(落胆した顔)という厳しい罰則が科せされるため、小売大手などはかなり念を入れた対応をしているようです。
近所のハイパーマーケットMosmartでは、規制の対象外のワインも含むハードリカー類は売り場近くに専用レジ有料を設けて、一般のレジではハードリカーが購入できないようになっていました。

モスクワ市の規制はモスクワ州(詳しくはこちら)より緩いものの、流れとしてはロシア全土でのアルコールの販売規制導入に向かっているsoonようですね。

人気ブログランキングへ

ただ、禁止されても、必要とあらばどこからともなく入手してしまうのがこの国の人なんですよねあせあせ(飛び散る汗)
posted by Masakazu at 00:04| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

すっかり秋

一ヶ月以上のご無沙汰ですたらーっ(汗)

猛暑とスモッグの地獄ふらふらのような夏も終わり、8月下旬からは朝晩10度を切るほど一気に気温が下がり、街行く人の服装も半袖などの露出の多い服からコート姿へと変わりました。気温が下がって過ごしやすくなったのはいいですが、気温差約30度どんっ(衝撃)というのはさすがに急激すぎますね。

ロシアの秋と言えば、やはりキノコ

ご存知の通り、今年は8月中旬までほとんど雨が降らず、ダーチャの井戸も干上がる一歩手前までになるほどの酷い乾燥で、森林火災も雨が降らないことにはどうにもならない状態でしたので、今シーズンのキノコは全滅ではないかという話も出るほどでした。

例年なら8月には、ダーチャへ行く途中の道端で、森で取ったキノコが売られるようになるのですが、今年はいつまで経ってもキノコが見られないので、やっぱり今年はキノコがないのかと思っていましたが、9月に入って量は少ないですが、キノコが見られるようになりました。

今週末はキノコ狩りが趣味と豪語exclamation×2し、自らをグリブニック(Грыбник=キノコ狩人)と称するほどの友人とダーチャへ行ったのですが、その友人はダーチャ付近で、しかも昼過ぎスタートという悪条件(通常、キノコ狩りは早朝に出かける。ダーチャ付近の車のない人たちでも行けるため、競争率が高く、収穫は見込みづらい)の中、そこそこの量のキノコをきっちり収穫してきました。夕食はもちろん、キノコ三昧で、秋の味覚を楽しみました。

どんどん日も短くなって冬の足音も聞こえてきそうですが、秋を楽しみたいと思います。

人気ブログランキングへ

体調を崩しやすいですが、気をつけましょう位置情報
posted by Masakazu at 23:22| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。