2011年03月31日

フクシマ

この日曜から夏時間へ移行し、明日から4月ですが、モスクワはまだまだ冬モードで、昨日も吹雪いていました。
この時期、気温はプラスでも風が強いことが多いので、結構寒く感じます。

毎日、福島原発の状況を確認していますが、なかなか出口が見えず、不安定な状態で安定してしまっているといったところでしょうか。放射能汚染を気にしながらでは、復興に向けての動き出しに全力を尽くすことはできないと思いますので、一刻も早く原発の状況を安定させ、放射能の飛散が食い止め、負の連鎖を断ち切られることを切に願っています。

毎日ニュースで何度も聞く言葉、フクシマ。ヒロシマと並ぶくらい外国人にも知れ渡ったのではないでしょうか。もし原発の名称が福島原発ではなく、別名称だったら、福島県全体に対する影響はここまで大きくならなかったのではないかとも思います。

福島県内の復興は、被害の大きかった宮城県や岩手県の復興よりも難しく、時間がかかるような気がします。

人気ブログランキングへ

前向いて前進あるのみ
posted by Masakazu at 23:39| モスクワ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

キャッシュレスでの義援金

日本国内はもちろん、世界中で被災者救済のための募金活動が広がっているようですね。
ここモスクワでも、在ロシア日本大使館により義援金受付のための口座が開設され、また現金での義援金も受け付けているそうです。詳しくはこちら

ロシアから口座振込で募金をする場合には、下記のブログを参考にされるとよいかと思います。
Kazueさんの日本出身モスクヴィチカの徒然
りりさんのりすりす通信モスクワ支局

今、義援金は一時的に多く集まっていますが、これをいかに継続的に集めるかということも考える必要があります。そこで、私は直接的な金銭負担のないキャッシュレスでの募金を継続的に行うことをお勧めしたいと思います。

キャッシュレスでの募金の例としては、

1マイルによる義援金

JAL : 7,500マイル単位
寄付先:社会福祉法人中央共同募金会

ANA : 1,000マイル単位
寄付先:国際人道支援組織「ジャパン・プラットホーム」

DELTA: 1,000マイル単位
寄付先:ワールド・ビジョン・ジャパンアメリカ赤十字

FINNAIR: 3,000/5,000/10,000マイル単位
寄付先:日本赤十字


2ポイントによる義援金

Yahoo!ポイント: 1ポイント単位

楽天ポイント: 1回100ポイント以上

Tポイント: 1ポイント単位

セゾン・永久不滅ポイント: 100ポイント単位

上記以外にも、ポイントなどを使った寄付ができるのではないかと思います。
お手持ちのポイントカード、クレジットカードなどのポイントを利用して募金ができるかをこれを機会に確認するとよいかもしれません。

人気ブログランキングへ

義援金詐欺にはくれぐれも気をつけましょう位置情報
posted by Masakazu at 00:09| モスクワ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

大震災

この度、震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
また、被害にあわれた方、避難生活を強いられいるにお見舞い申し上げます。

私の友人・知人、取引先を始め、妻の親戚・友人・知人からも、電話やメールで
お悔みやお見舞いの連絡をもらいました。
私の家族や親戚も被災しておりませんが、被害者が数万人規模になることが確実な
状況では、素直に喜べません。

ただ、海外のメディアでも盛んに報道されていますが、海外であれば発生して当たり前の
混乱、暴動、略奪などが起きず(チェーンメールを流したり、義援金を語る詐欺をする許し
難い輩はいるようですが)、日本人の美徳、他人への思いやり、助け合いの心など、失われ
かけていたと思われていたものを今もしっかりと持ち続けていることを私は日本人として誇りに思うし、それを世界中の人々に示すことができたことは、日本にとって大きなプラスだと確信しています。

また、阪神大震災での経験が活かされていること、インターネット経由での情報収集・情報交換が素早くできていることで、被害の拡大が防がれていることも高く評価できることだと思います。

海外にいてできることは大してありませんが、ネットを通じて小額ですが募金をさせてもらいました。これからも継続的にやっていくつもりです。

人気ブログランキングへ

原発事故が惨事につながらないことを切に願っています
posted by Masakazu at 02:28| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

家具購入の難易度

昨年の夏、義父と部屋替えをすることになったので、義父の使っていた部屋のフローリングの全面補修をし、古い家具やソファーを処分し、家具もすべて新調することにしました。ところが、注文した家具が大失敗で、家具を注文してから7ヶ月が経過した今でも、まだ家具屋とやり取りをしています

ロシアで家具を買うのはこれが3回目。
最初は家具なしの部屋を借りて、妻と同棲した時。
この時は、お金があまりなかったので、ロシアの大手家具チェーン「ストルプリット(СТОЛПЛИТ) 」で既製の安い組立家具を購入し、自力で組み立てました手(チョキ)

この家具屋から組立家具が届いたまではよかったのですが、組立ていると、穴があるはずの場所に穴がなかったり、金具に不良品が混ざっていたりというマイナートラブル満載ふらふら。マイナートラブルは自力で克服可能だったのですが、一番困ったのは、家具の板が一枚足りないというメジャートラブル。家具屋に電話電話でクレームを入れると、「そんなはずはない、ちゃんと届けたはずだ」と言われ、その後、家具屋の対応が少し軟化し、足りない板は無償で供給するとなったものの、板は家具を購入した店まで取りに来い、届けて欲しいなら運賃を支払えと。それから怒鳴りまくって、結局、無償でアパートまで届けさせることができましたが、板が届くまで確か1ヶ月くらいはかかったと思いますたらーっ(汗)
今、その家具はダーチャで活躍していますが、品質は価格相応です。

2回目は、現在住む妻の実家へ引っ越してきた時。
この時は折角買うなら、いい家具を買おうという妻の強い希望により、いろいろな家具屋さんを回った結果、ALDO という家具屋で注文家具を購入しました。家具の値段は結構しましたが、設計、設置場所の下見・計測、下見・計測結果に基づく修正、家具の配送・組立、すべて問題なく済みました。家具の品質も全く問題なく、非常に満足しています。
日本では当たり前のことかもしれませんが、ロシアでは問題なく事が進むということは奇跡的と言っても過言ではありません。

そして、今回。
私は前回同様、ALDOで注文すればいいやと思っていたのですが、妻がALDOの家具にはいいのは分かるけど、やっぱり高すぎたということで、見つけてきたのがロシアの大手家具チェーンの「ロニコン(РОНИКОН) 」。

これが最悪、やっちまいましたもうやだ〜(悲しい顔)。わざわざお金を払ってデザイナーを家に呼び、ALDOの家具を見せて、妻がこちらの要望を伝えた上で設計・注文をし、家具の値段もALDOに比べれば若干安い程度で、結構な金額だったにも拘らず、出来上がった家具は妻が想像していたものとはかけ離れていました。それにもまして、組立が最悪でした。棚の高さを調節できるようあけられた穴は高さが異なり、棚がぐらつき、あけられた穴も自分がドリルであけたほうがきれいなのではないかと思われるほど。上下の引き出しの板が引っかかる、壁にネジで固定したために家具が床から浮いている、スライド扉がスムーズに動かず、すぐに引っかかったり、レールを外れたりとする、余計なところに穴があいている、必要以上に家具の表面にネジがむき出しになっているなど、本当に突っ込みどころ満載でした。

とにかく、妻のガッカリぶりバッド(下向き矢印)といったら本当に酷かったです。当時はこの家具を見るだけで気分が悪くなる、直してもらっても使いたくない、家具屋にクレームして、家具を作り直させるちっ(怒った顔)と言うほどでした。それから、家具屋と交渉を始め、並行して新たにデザイナーを呼び、どのパーツが使えて、どのパーツを新たに購入する必要があるかなどを相談したりもしたのですが、妻が要求するような対応を家具屋が取らず、消費者保護センターに問い合わせをし、裁判に持ち込むことも検討するほどでした。裁判を起こせば勝訴することはほぼ間違いなかったのですが、裁判によって得られる補償と裁判にかかる労力と時間、家具屋が最終的に出してきた譲歩案(不具合の無償修理+一部部品代の返却+組立費用の返却)を天秤にかけ、結局、家具屋の譲歩案を受け入れることで決着しました。

先日、修理に必要な部品が届けられ、一部返金を受けました。その翌日に家具職人が来るはずでしたが、何の連絡もなく職人は来ず、結局、こちらから家具屋にクレームを入れて、今度は指定した日時に職人は来て、修理して行きました。ただ、先日届けられた修理に必要な部品として届けられたレールは全く必要なく、反対に必要な小さな部品が足りませんでした。こちらとしては、一刻も早くこの家具屋と縁を切りたいのですが、どうも家具屋のほうはまだ離れたくないようで、職人が修理に来た日から2週間ほど経ちますが、部品がいつ届くという連絡さえありません。ある意味、予想通りですが。

大して値段の高い部品でもないので、近いうちに建材市場へでも行って買ってくる予定で、もう二度とロニコンにこちらから連絡することはないでしょう。

人気ブログランキングへ

これで1勝2敗。次の買い物では多少高くてもいいから、まともな買い物をしたいと心から願うのでした。
posted by Masakazu at 23:34| モスクワ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

異動の季節

もう2月も終わり。1月・2月は実働日数が少ないこともありますが、あっという間モバQでした。

毎年この時期になると、異動の話を耳にすることが多くなるわけですが、今年は、私が当地での仕事で大変お世話になった方、私生活で多方面にお世話になった方が帰国することになりました。
私は常に迎えて、送り出すほうなので、慣れてはいるものの、去る人との親密度が高ければ高いほど、別れは寂しいバッド(下向き矢印)ですね。

3月は歓送会ビールが結構多くなりそうです。

人気ブログランキングへ

私は転勤がないので、1度幹事の仕事が回ってくると、半永久的に幹事たらーっ(汗)
posted by Masakazu at 00:10| モスクワ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。