2011年07月22日

ビールへの規制強化

メドベージェフ大統領が進めるアンチ・アルコール・キャンペーンの一環で、アルコール飲料への規制が進められていますが、今回、ビールビールがターゲットとなりました。

昨年からモスクワ市では21時〜10時まで、モスクワ州では21時〜11時までのハードリカー(アルコール度数15%以上)の販売が禁止(カフェ、レストラン、空港内のDuty Free Shopを除く)されています(関連記事)。

アルコールの販売規制が強化された際、ビールなどのアルコール度数の低いドリンクは規制の対象外でしたが、今回はビールをターゲットとした規制が導入されるになりました。

これまで、ビールおよびビール系飲料は清涼飲料と同様の分類となっていましたが、今後はアルコール飲料(アルコール度数0.5%未満のものを除く)に分類されることになりました。当たり前の話で、これまでビールが清涼飲料の分類であったことのほうが驚きかもしれません。ビールが清涼飲料扱いであったために、新規開店したレストランなどで、アルコールの販売ライセンスが取得していない場合でも、ビールは注文可能でしたが、今後はそれが不可能となります。

23時〜8時までビールの販売が禁止(カフェ、レストランを除く)となる販売規制が導入され、またビールを販売できるのは法人のみとなり、小さなお店やキオスクなどを経営する法人格を持たない個人事業者(Индивидуальный Предприниматель(ИП))はアルコール度数5%未満のビール(販売されているビールの約85%)に限って2012年12月末までは販売が可能で、2013年1月1日以降は、ビールの販売が一切できなくなってしまいます。

それから、公園などを含む公共の場所でのビールを含むアルコール飲料の飲酒がすべて禁止されます。

屋外でビールを飲むのが気持ちよい季節となっていて、公園などではビールを飲みながらくつろいでいる人を多く見かけますが、今後はこうした行為が罰金の対象となります。
どこまで警察がまともに取り締まるかは疑問ですが、子供の遊び場(Детская площадь)に陣取ったり、アパートの入口付近で夜遅くまで酒を飲みながらうるさくしているような迷惑な人たちをまず、取り締まって欲しいものです。

人気ブログランキングへ

週末は、ダーチャでおいしいビールを飲むことにします手(チョキ)
posted by Masakazu at 22:33| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

ソフトボール大会

5月中旬に開幕し、約2ヶ月に渡って行われたモスクワ・ジャパンクラブのソフトボール大会野球。この土曜(7月9日)に準決勝、決勝が行われ、閉幕しました。
このソフトボール大会、出場チームは20チームを超え、練習をするのは勿論、試合に合わせて出張の日程を調整する、この大会で勝つために、なるべく野球経験者を駐在員に選ぶという話もあるとかないとか。とにかく、それぐらい本気度の高い、気合い入った熱い大会なんです。

私がモスクワに来た頃にはジャパンクラブ(当時の日本人会)で毎年ソフトボール大会をやっていることは聞いていたものの、生活に余裕もなかったですし、特に参加したいと思うこともありませんでした。5年前に、友人のDキン・I君から、精鋭を集めて優勝を目指す新チームを立ち上げるので、是非チームに入って欲しいとの誘いがあり、チームに加入し、ソフトボール大会に参加することになりました(この頃には、生活に多少の余裕ができました)。チーム名は、モスクワ・チャンピオンズ。

初年度からそれなりのメンバーは集まったものの、試合の前日に深酒をし、二日酔いで試合するメンバーがいるのは当たり前という状況で、午前中の試合には滅法弱く、寄せ集めのチームのため、まとまりはありませんでした。そこそこの戦力を揃えながらも、単一企業中心のチームの前に屈し、初年度も2年目も予選さえ突破できませんでした。

3年目、新戦力の加入により戦力が大幅にアップし、練習もして、チーム内でも規律(=試合の前日には深酒をしない)のようなものができました。そして、チームとして初めて予選を突破し、決勝まで進みました。しかし、決勝で敗れて準優勝。私の中では、この時のチームが最も戦力が揃っていて、私などはほとんど出場機会がありませんでした。この頃にはソフトボールに対する情熱を持つようになっていて、このチームで優勝はしたいという気持ちよりも、とにかく試合に出て、ソフトボールがしたいという気持ちのほうが大きくなっていて、次の年は試合に出られるチームに移ることを考えていました。

4年目、準優勝メンバーの主力が抜けたことで試合に出られるチャンスができたことと、チームメイトからの説得があったことで、結局、チームに残り、全試合に出場。結果は、予選を突破したものの、決勝リーグの初戦(準々決勝)で、その年の優勝チームにサヨナラ負け。非常に悔しい思いをしました。

そして迎えた今年5年目。戦力的には4年目よりも若干落ちましたが、チームとしては最もまとまっていました。今年も全試合に出場。試合予選3試合目から厳しい試合が続きましたが、試合に出場している選手、控えの選手、応援にきてくれているメンバーがチーム一丸となって戦い、ついに、悲願の優勝を遂げました。試合に出られず、腐りかけて、チームを去ることも考えたこともありましたが、このチームにいてよかったなぁと思います。特に、自分が試合に出られない時期があったから、試合に出られないメンバーの気持ちもよく分かるだけに、彼らに対する感謝の気持ちは大きいです。また、OBメンバーも含め、仲間たちと一緒に目標を達成できたこと、これが本当に嬉しいですわーい(嬉しい顔)

人気ブログランキングへ

これで名実ともにチャンピオンズ。来年も優勝するぞexclamation×2
posted by Masakazu at 03:34| モスクワ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

居住許可

先週末に、居住許可(Вид на жительство)、俗にいう永住権の申請をしました手(チョキ)。書類の審査期間は法律上、6ヶ月以内で、窓口の人曰く、最短でも4ヶ月とのことですので、居住許可の取得は今年末か来年初めになりそうです。居住許可の取得を目指し、2009年秋から一時居住許可(Временное проживание)の申請の準備を開始してから2年弱、やっとここまで来ました。

居住許可が取得できれば、労働許可(Разрешение на работу)の取得が必要なくなり、ロシア国内では生活している分には、ロシア人と同様な扱いとなります。居住許可は5年有効で、年に1度、移民局に届け出をする必要はありますが、毎年のビザ更新、入国毎の滞在登録などが必要な一般の外国人に比べれば数段、イミグレ関係の手続きはかなり楽ちんになります(参照記事)。

今は、有効期間3年の一時居住許可、一時居住許可の期間中有効なマルチビザと居住登録(Регистрация)を持っていて、入国毎の滞在登録などは必要ありませんが、労働許可は必要な状態です。

そう言えば、少し前にグルジアから帰ってきた際、イミグレーション・カード(Миграционная карта)の半券にスタンプが押されておらず、空港の出入国管理局へ連絡を入れ、後日空港までスタンプを押してもらいに行ったということがありました。無事、イミグレーション・カードの半券にスタンプは押してもらえたのですが、その際、入国管理局の人から、一時居住許可を持っている人はイミグレーション・カードを記入する必要がないと言われました。だったら、入国の際にイミグレーション・カードの半券を渡すのではなく、イミグレーション・カードが不要な旨を言うなり、イミグレーション・カードを突き返すなりしてくれればいいのにたらーっ(汗)

居住許可の申請窓口で、私と同様に一時居住許可に持っているウクライナ人女性から聞いた話だと、イミグレーション・カードが必要だという係官もいれば、要らないという係官もいるようで、彼女も必要ないかもしれないが、入国の度にイミグレーション・カードに記入をし、係官にスタンプを押すようお願いしているそうです。

恐らく、法的には一時居住許可を持っていればイミグレーション・カードは必要ないのだと思いますが、すべての出入国管理局の係官がどう対処すべきかをきちんと把握していない以上、自己防衛のためには、必要なくとも持っているに越したことはなさそうです。

人気ブログランキングへ

それにしても、申請書類を集めるのも大変でしたが、それよりも窓口通い&順番待ちが大変でしたあせあせ(飛び散る汗)
posted by Masakazu at 01:03| モスクワ ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 国際結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。