2009年11月06日

生ビール屋

最近、駅の近くなどに増えているのが生ビール屋ビール
Draft Beer Shop1.jpg


生ビール屋というと、その場でいろいろな生ビールをジョッキで飲ませてくれるところかと思われるでしょうが、そうではなく、生ビールをペットボトルに注いで量り売りするお店のことです。

店の中は、こんな感じで、
Draft Beer Shop2.jpg


このような茶色のペットボトルに入れてくれます。
Draft Beer Bottle.jpg


品揃えは店によって異なりますが、平均的には1店舗に10種類くらいの生ビールが売られているようで、価格は1L 100-150ルーブル(300-450円)くらいが多いように思います。普通のビールが500mlで30ルーブル(90円)前後なので、価格は約2倍くらいでしょうか。

私の自宅の近辺でも、生ビール屋が2軒ほどあり、そのうち1軒は自宅のすぐ近くで、これまでに何度か買ってみましたが、当たりハズレが大きいexclamation&question(今のところ、3勝1敗)。

近所の生ビール屋は今年の春までは子供用品のお店でした。何かの雑誌本で読んだのですが、生ビール屋は小スペースで開店でき(ビール樽は何個も高く積み上げることで場所を節約)、少ない資金ふくろで開業可能で、不況に強いビジネス手(チョキ)だそうで、現在、モスクワで生ビール屋の店舗数が爆発的に増えているグッド(上向き矢印)とか。

いつも飲む瓶ビールよりは高いですが、レストランなどではあまり置いていない銘柄のビールも味わえるので、知らない銘柄のビールを試して楽しんでいます。希望を言えば、1L買ってまずいふらふらと辛いので、店で少量を試飲できるといいな目と思います。

人気ブログランキングへ

寒く牡羊座なってもビールはうまいわーい(嬉しい顔)
posted by Masakazu at 00:41| モスクワ | Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。