2010年09月15日

アルコールの販売規制(2)

モスクワ市内でのアルコールの販売規制が強化されましたexclamation×2

これまで、夜11時夜〜朝8時晴れまでのアルコール度数15%を超える酒類バーの販売が禁止されていましたが、9月1日からは販売禁止の時間が夜10時夜〜朝10時晴れと3時間延びました。

この販売規制に違反すると、販売店はアルコール販売のライセンス剥奪がく〜(落胆した顔)という厳しい罰則が科せされるため、小売大手などはかなり念を入れた対応をしているようです。
近所のハイパーマーケットMosmartでは、規制の対象外のワインも含むハードリカー類は売り場近くに専用レジ有料を設けて、一般のレジではハードリカーが購入できないようになっていました。

モスクワ市の規制はモスクワ州(詳しくはこちら)より緩いものの、流れとしてはロシア全土でのアルコールの販売規制導入に向かっているsoonようですね。

人気ブログランキングへ

ただ、禁止されても、必要とあらばどこからともなく入手してしまうのがこの国の人なんですよねあせあせ(飛び散る汗)
posted by Masakazu at 00:04| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162668670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。