2010年12月11日

パスポート

国際結婚をしているのよく聞かれるのが、国籍・パスポートのこと。

私は日本国籍、妻はロシア国籍で、結婚してもそれは変わりません。
もちろん、妻がロシア人であることで、私はロシア国籍を取得しようと思えば可能ですが、すぐに取得できるわけではなく、取得するのにはかなりの時間と手間を要します。もちろん、私はロシア国籍を取る気は全くありません。

私が日本国籍、妻がロシア国籍を持っているので、息子はロシアと日本の国籍を持つことができ、現在、2重国籍の状態です。

日本のパスポートは、息子を連れて日本へ行くためもあって、出生届けを出してすぐに申請し、取得しました。

ロシアのパスポートはというと、妻のパスポートに付随家族として息子の名前を記載し、国外へ行く際は出生証明書を持って行っていました。しかし、今回、妻のパスポートの期限が切れ、パスポートを切り替えることになったので、妻のパスポートとともに、息子のパスポートも申請し、取得しました手(チョキ)

ロシアでは、今年3月からバイオメトリック対応の新パスポート(биометрический загранпаспорт)の申請が可能となりました。従来のパスポートの場合は有効期限が5年でしたが、新パスポートでは有効期限が10年。日本だと、20歳未満は5年パスポートしか申請できませんが、ロシアはそんな制限もなく、3歳の息子は10年パスポートが取得できちゃいました。ちなみに、サインの欄は一本の横線が引いてあり、サインなしということになっています(日本の場合は親が代筆)。

晴れて日本とロシアのパスポートを手にした息子は、ほぼどこの国へもビザなしで行けるようになりましたぴかぴか(新しい)

パスポートとは直接関係ありませんが、ついでに書くと、ロシア国籍の子供(未成年)がロシア国外へ出る場合で、両親が同伴している場合は特に問題ないのですが、一方の親のみが同伴する場合は、同伴しないもう一方の親からの公証された同意書が必要となります。同意書の有効期限は最長3年なので、両親が離婚している場合などは結構大変みたいです目

人気ブログランキングへ

正直、息子が羨ましいわーい(嬉しい顔)
posted by Masakazu at 02:38| モスクワ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 国際結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
旧ソ連国にビザなし入国とはうらやましいですよ。
Posted by KM at 2010年12月19日 23:44
ウズベキスタンには行ってみたいとは思っているのですが、ビザを取るのが面倒でまだ行ったことがありません。息子のようにビザが関係なければ、なんて考えてしまします。
Posted by Masakazu at 2010年12月23日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172782577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。