2006年05月05日

ミネラルウォーター

暖かくなってくると、公園を散歩したり、冬の間はバスを使っていた距離を歩いたりします。また、時間があれば、ちょっと遠出して郊外の森林公園などにも行きます。外出することが増えてくると、何かと飲み物を買うことも増えてきます。そんな時に買うのは、ビールまたはミネラルウォーターになります。ビールビールではなくて、今日はミネラルウォーターの話。

モスクワの水道水は水質に問題があると聞いていますが、飲めないことはないですが、おいしくないし、お勧めできませんという程度。私の場合、料理などには水道水をフィルターに通して使用、普通に飲む時はミネラルウォーターというふうにしていますひらめき

市販されているミネラルウォーターはガス入り、ガスなしがあり、種類は非常に多いです。ガス入りだと「ボルジョミ(Боржоми)」、ガスなしだと「スヴィトイ・イストーチニク(Святой источник)」、Coca-Cola製の「Bon-Aqua」、Pepsi-Cola製の「Aqua Minerale」などが人気です。500mlクラスから5Lなどまでサイズもさまざまで、家庭用には5Lサイズをよく買います。また、オフィスなどには10Lタンクをつける給水(給湯)器が置かれていることがよくあります。

ところで、年配層に絶大の人気を持つガス入りミネラルウォーター「ボルジョミ」が今、ピンチ爆弾を迎えています。

Newsru.comの伝えるところによると、グルジア産ガス入りミネラルウォーター「ボルジョミ」が輸入禁止exclamation×2になるとのこと。その理由は、「ボルジョミ」の水質がロシアの製品規格基準を満たしていないため。これに対して、グルジア政府は「ボルジョミ」の輸入禁止措置が政治的な理由によりなされたと反発むかっ(怒り)しています。

ロシアの大都市でのミネラルウォーター市場で、「ボルジョミ」は13.5%ものシェアがあり、市場に与える影響も大きいでしょう。また、しばらくは在庫があるにしても、輸入禁止措置が長引けば、市民に与える影響も出てくると思われます。ちなみに、グルジア産ワインも同じ理由で輸入禁止になっていますふらふら

今回の問題に政治的な要素が絡んでいることは確かです。しかし、品質に問題があるというのがまったくの嘘とも思えません。つまり、ロシアとグルジアの関係が良好なうちは品質に問題があっても見逃してあげていたけど、両国関係が良好とはいえない状況になったのだから、ルールに則って厳しくやりまっせ、ということだと思います。

これからが稼ぎ時という時期なので、グルジア経済に与える影響は小さくはないでしょう。また、ほかのミネラルウォーターメーカーはここぞとばかりに売り込み攻勢次項有をかけて、シェアアップグッド(上向き矢印)を図ることでしょう。

ガスなし派の私はあまり「ボルジョミ」を飲みませんが、消費者としての選択肢が1つ減るというのは残念な気がします。早く問題が解決するよう願っています。

banner.gif ←1日1押ししてもらえると幸いです
posted by Masakazu at 23:54| モスクワ | Comment(5) | TrackBack(1) | 一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじまして。
ロシアの水は美味しくないですか。
イメージとしては綺麗な水って感じもしますが。
ロシアの水道水っていのは、硬水なんですかね・・・
Posted by アーキ at 2006年05月07日 01:54
アーキさん

コメントありがとうございます。

ロシアの水道水は硬水ですよ。
普通に水道水をポットで沸かしていると、
すぐにポットの底にカルシウムの膜ができる
くらいです。
Posted by Masakazu at 2006年05月08日 15:17
はじめまして
ロシアの水道水の硬度を調べています
ご存知でしたら教えてください
硬度と、ボルシチの関係が知りたいのですが
Posted by 小夜子 at 2009年01月15日 18:20
小夜子さん、

回答が遅くなりすみません。
水道水の硬度は知らなかったので、ネットで調べてみたところ、モスクワの水道水でも場所によっても硬度が違うようですが、平均5mg/L程度のようです。
ご参考までに。
Posted by Masakazu at 2009年01月31日 00:43
ロシア・CIS諸国で知らない人はいない高級健康水、
ボルジョミミネラルウォーター、公式日本初上陸のお知らせ


お忙しい中、突然のお知らせをさせていただきますご無礼をお許しください。

本メールは、ロシア・CIS諸国に関わりのあられる方々へ、
グルジア国のボルジョミミネラルウォーターが
公式に日本に初上陸(8月初旬)したことを
お知らせするために送付させていただきました。

ロシアに在住されたご経験のある方であればご存知のように、
ボルジョミミネラルウォーターは、美味しいミネラルウォーターとして
数々の受賞実績をもつというだけでなく、
http://borjomi.jp/reason1.htm
日本では薬事法の関係から記載することが容易ではありませんが、
健康に良いミネラルウォーターであることは皆様の
お近くのご友人であるロシアやグルジアの人々が
情熱をもって語ることでご理解いただいていることと思います。

ボトリング会社はISO22000を取得しているIDS-Borjomi
(旧:Georgian Glass & Mineral Water Co.,ltd.)であり、
グルジア国を代表する商品であり、
国家のサポートを受けている商品です。
http://borjomi.jp/quality2.htm

2006年に政治的理由と思われますが、ロシアへ輸入禁止となりましたが、
翌年のロシア・サンクトペテルブルグでの水博覧会での
評価は変わることなく、再び金賞を受賞することからもわかるように
このミネラルウォーターのブランドは確固としたものであります。

販売会社である株式会社ネイチャープラスのホームページには、
駐日グルジア大使であるレヴァズ・ベシッゼ氏の挨拶が掲載されておりますが、
大使自らがボルジョミミネラルウォーターが健康によいことを語っておられます。
http://borjomi.jp/voice.htm

皆様もご存知のように、ボルジョミミネラルウォーターは、グルジア・ボルジョミで
採水・ボトリングされる水ですが、もともとこの水を愛し、ロシア他各国へ広め
たのは、ロマノフの皇帝たちでした。
http://borjomi.jp/about_borjomi4.htm

私たちボルジョミクラブは、ボルジョミを愛し、ロシアとグルジア両国の平和を
願う者として、ボルジョミクラブを設立し、今後、
日本でのグルジア文化の紹介、そしてボルジョミの広報活動にも
努力していきたいと思います。

私はこの18年ほど、サンクトペテルブルグのエルミタージュ美術館内の
音楽財団に関わる仕事を主にしてまいりましたが、
そこで知り合ったグルジア・トビリシ国立オペラ座の指揮者から
このミネラルウォーターのことを教えてもらいました。
その後、グルジアへ訪問し、かの国の徳のあるホスピタリティーに触れ、
自らの生き方をも変えなければと思った次第でございます。

ネイチャープラスとしては、販売代理店の募集なども考えているようですので、
法人の方は是非、ご一考いただければ幸いです。

お忙しい中、メールをお読みいただきましたこと、たいへん感謝致します。

また、貴ホームページからのメールアドレスを知り、
今回、突然のメールを送付させていただいた失礼については、
心から謝罪いたします。

ボルジョミクラブ
藤野栄介

************
IDS-Borjomi
http://borjomi.com/

ボルジョミ総輸入元 ネイチャープラス
http://borjomi.jp

*ボルジョミクラブへ入会されたい方は本メールアドレスへお知らせください。
時折、グルジア大使館他にてボルジョミパーティーを開催するつもりです。
会への入会に際し、一切お金はかかりません。
皆さまとご一緒にグルジアの文化の素晴らしさを
伝えていければと思います。
同時に会を盛り上げてくださるボランティアスタッフの方も募集いたしております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
Posted by borjomi club 藤野 at 2010年10月11日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17433888
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

水道水の話
Excerpt: 水の話をする時に、一番身近な水道水は私達にとって避けて通ることができない問題でもあるので、今回は更に水道水の話を掘り下げてみることに・・・。水道水を作る行程の中で、殺菌の目的で塩素が入れられますが、実..
Weblog: 駆けぬける歓び
Tracked: 2006-05-08 22:09

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。