2011年07月06日

居住許可

先週末に、居住許可(Вид на жительство)、俗にいう永住権の申請をしました手(チョキ)。書類の審査期間は法律上、6ヶ月以内で、窓口の人曰く、最短でも4ヶ月とのことですので、居住許可の取得は今年末か来年初めになりそうです。居住許可の取得を目指し、2009年秋から一時居住許可(Временное проживание)の申請の準備を開始してから2年弱、やっとここまで来ました。

居住許可が取得できれば、労働許可(Разрешение на работу)の取得が必要なくなり、ロシア国内では生活している分には、ロシア人と同様な扱いとなります。居住許可は5年有効で、年に1度、移民局に届け出をする必要はありますが、毎年のビザ更新、入国毎の滞在登録などが必要な一般の外国人に比べれば数段、イミグレ関係の手続きはかなり楽ちんになります(参照記事)。

今は、有効期間3年の一時居住許可、一時居住許可の期間中有効なマルチビザと居住登録(Регистрация)を持っていて、入国毎の滞在登録などは必要ありませんが、労働許可は必要な状態です。

そう言えば、少し前にグルジアから帰ってきた際、イミグレーション・カード(Миграционная карта)の半券にスタンプが押されておらず、空港の出入国管理局へ連絡を入れ、後日空港までスタンプを押してもらいに行ったということがありました。無事、イミグレーション・カードの半券にスタンプは押してもらえたのですが、その際、入国管理局の人から、一時居住許可を持っている人はイミグレーション・カードを記入する必要がないと言われました。だったら、入国の際にイミグレーション・カードの半券を渡すのではなく、イミグレーション・カードが不要な旨を言うなり、イミグレーション・カードを突き返すなりしてくれればいいのにたらーっ(汗)

居住許可の申請窓口で、私と同様に一時居住許可に持っているウクライナ人女性から聞いた話だと、イミグレーション・カードが必要だという係官もいれば、要らないという係官もいるようで、彼女も必要ないかもしれないが、入国の度にイミグレーション・カードに記入をし、係官にスタンプを押すようお願いしているそうです。

恐らく、法的には一時居住許可を持っていればイミグレーション・カードは必要ないのだと思いますが、すべての出入国管理局の係官がどう対処すべきかをきちんと把握していない以上、自己防衛のためには、必要なくとも持っているに越したことはなさそうです。

人気ブログランキングへ

それにしても、申請書類を集めるのも大変でしたが、それよりも窓口通い&順番待ちが大変でしたあせあせ(飛び散る汗)
posted by Masakazu at 01:03| モスクワ ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 国際結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめてコメントします。
私も3年の移住許可を持っています。
この度、初めて国外にでるのでカードのことは
知りませんでした。必ず記入します。
ありがとうございました。
Posted by さくら at 2011年07月07日 00:15
さくらさん、お役に立ててよかったです。
Posted by Masakazu at 2011年07月07日 00:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213435085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。