2011年11月11日

パスポート取得

先週、次男のロシアのパスポート(国外用)が取れました。
有効期限は10年。

そして、昨日、次男の日本のパスポートが取れました。
有効期限は5年。

次男の誕生に伴い、8月末にロシアの出生証明書を取ってから、
ロシア側と日本側の両方でいろいろな手続きをしてきましたが、
これでやっと一通り終わりました。

年末年始の一時帰国予定も決まり、次男の初の日本上陸の準備は
整いました。あとは、フライトの日に元気でいてもらうこと、
飛行機が無事飛んでくれることを祈るのみです。

人気ブログランキングへ

気分はすっかり帰国モード
posted by Masakazu at 23:52| モスクワ ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 国際結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、
日本のパスポートの申請で必要な戸籍謄本はどう取得されましたか?
海外発送してもらえるのでしょうか?
戸籍情報ぐらい大使館で調べれば済むことだと思うのですが、出生届だって大使館で届け出るわけですし、うちはまだ良いにしても、夫婦共々海外生活者にとっては、とても不合理だと思います。
Posted by マモント at 2011年11月16日 17:15
マモントさん

戸籍謄本の取得は自力でしなくてはならず、私は日本にいる両親に代理取得してもらい、EMSで郵送してもらいました。
そのうち、大使館経由で戸籍謄本が取得できるようになるといいのですが。
Posted by Masakazu at 2011年11月16日 18:08
グリーと聞いてどんなイメージが浮かびますか?今ネットではあまりよくない噂が飛び交っているのでダークなイメージを持っている人が大半だと思います。かく言う私もその中の一人です。だけど噂だけを鵜呑みにしてるだけでは真実は見えないと思っています。
Posted by グリー at 2011年12月20日 12:36
はじめまして!ブログを読ませていただいてます。
私もロシア人と結婚をし、現在モスクワに住んでいます。

うちは昨年5月に第一子が誕生したのですが、娘の日本パスポートをまだ取得できていないんです(汗)

日本から取り寄せた戸籍謄本の有効期限も迫っているので、来週あたりに申請に行こうと思っています。

国際結婚に係る手続きって本当に厄介なことばかりですね。負けずに頑張ります。
Posted by みゆーしゃ at 2012年02月07日 16:42
みゆーしゃさん、はじめまして。

一時居住許可(РВП)の取得では大変ご苦労されたようですが、無事取得できてよかったですね。
ロシアでの手続きに比べたら、日本大使館でのパスポート申請なんて、楽勝ですよ。

私は、先月、居住許可(ВНЖ)が取得でき、昨日、住所登録が済みました。
この国で役所相手に手続きをする場合、1回で済むことはありえない、2-3回で済めば上出来、と覚悟したほうがいいですね。
こちらが苛立って何かしても、プラスに働くことはほとんどないですから。あと、必要と言われていない書類も要求される可能性のありそうな書類は原本とコピーを持っていくようにしてますよ。

いずれ、どこかでお会いすることがあるかもしれませんね。今後ともよろしくお願いします。
Posted by Masakazu at 2012年02月08日 22:17
はじめまして。

私は東京在住の日本人で、ロシア人の夫、その夫との間に生まれた4歳の娘、2歳の息子がおります。

私の身近で、同じように日本で配偶者にロシア人を持ち、その配偶者との間に子供がいる人たちが仕事柄多くいるのですが、最近子供のパスポートや国籍に関する話題でもちきりになっています。

在日ロシア大使館などで子供にロシア国籍を取得させるような手続きをうっかりしてしまうと、自動的に日本国籍を失ってしまい、取り戻せないどころか、国外退去にもなりかねないという話です。実際は在宅書類送検などになり特別在留資格を得る可能性が高いのだそうですが。法律事務所での相談内容なので、これが事実なのでしょう。

国籍法に関する知識は誤報も多く、届けをしなければ、ばれないかも…という意識も正直あったりして、みんななんとなくゆるく考えていたのかもしれません。

上記の例は特に、子供自身の日本国旅券にロシア大使館でロシア国籍を有すると記載してもらっていたが、その旅券の期限が近づいたため
パスポートセンターに行ったところから始まった話でした。

うちの場合は夫のロシア旅券に子供の写真と名前を記載してもらいました。これによるロシア国籍取得は無いと思っていますので、うちの子の場合問題はないはずですが。なんだか怖いです。

さて、その一連の出来事の中でこちらのブログを見つけ拝見しました。

Masakazuさんはお子さんにロシアのパスポートも日本のパスポートも取得されているようですが、これは国籍取得には特に関係しないのですか?

うちの夫も子供たちにロシアのパスポートを持たせたいようです。でも、日本国籍は保持させたいので慎重にしないといけないのかなと思っています。夫自身がロシアとトルクメニスタンの二重国籍なこともあり、日本の国籍法が理解しにくいようです。

長々とすみません。
お暇なときにご返事がいただければうれしいです。こちらでも、メールでもいいです。
Posted by なな at 2013年05月25日 15:33
ななさん、

私の理解は下記の通りです。

現在のロシア法によると、ロシア人と外国人との子供がロシア国内で誕生した場合には、その子供にはロシア国籍が無条件に取得できます。ロシア国外で生まれた場合には、ロシア国籍を取得可能ではあるが、その場合にはほかの国籍は取得できない。

日本法では、日本人と外国人の子供がどこで生まれようとも、その子供は無条件に日本国籍を取得できます。

要するに、ロシア人と日本人の子供がロシア国内で生まれた場合には22歳までロシア・日本の二重国籍を持つことが可能で、日本で生まれた場合にはロシア国籍か日本国籍のいずれかしか持てないということだと理解しています。

私の息子二人はロシア生まれですので、ロシアと日本の二重国籍者で、ロシアと日本のパスポートを持っています。

ななさんのお子様は日本国籍だと理解しますが、旦那さんのロシア旅券にお子様の写真と名前を記載している件ですが、そのパスポートでななさんのお子様が旦那さんのパスポートでロシア国境を超えない限りは特に問題ないのではないかと思います。もっと言えば、お子様が(ロシアビザのある)日本旅券でロシアへの出入国する限りは問題ありません。
問題が起こる可能性があるのは、旦那さんのロシア旅券にてお子様がロシアへの出入国する場合。
この場合、お子様の出生証明書を追加書類としてロシアのパスポートコントロールで提出する必要がありますが、ロシアで生まれていないお子様は出生証明書がありません。出生証明書の代わりに、日本の戸籍謄本にアポスティーユ、ロシア語の公証翻訳をつけたものを使用することが考えられますが、そもそも親のパスポートに記載されている子供は親と同じ国籍を持っていることが前提となっていると思われますので、問題となることがほぼ確実です。

旦那さんがロシアとトルクメニスタンの二重国籍とのことですが、私の知り合いからロシアとトルクメニスタンの二重国籍者の人から、2013年6月末までにどちらかの国籍を選択しなければならないとの話を聞きました。旦那さんも恐らくご存知かと思いますが、念のため、ロシア語の情報を載せておきます。

http://www.turkmenistan.ru/ru/node/14835


Posted by Masakazu at 2013年05月28日 17:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/234744270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。