2005年10月22日

モスクワでのアパート探し(1)

ロシアへ行くと決めたことを留学していた時に知り合ったモスクワに住む友人に伝えたところ、共通の友人がちょうど引っ越す予定で、元のアパートに入ればいいとの情報。地下鉄の駅から近く、買い物にも不自由なく、家賃もお手頃。引っ越しの時期と僕がモスクワへ行く時期とほぼ重なっているとなれば、まさに僕のためにあるように思っていた。

それから2ヵ月後の9月に、荷物をまとめてモスクワにやって来た。
ところが、その友人はまだ引っ越しておらず、当てにしていたアパートがない。
とりあえず、友人のところでアパートが見つかるまで居候することになった。

アパート探しをすることになったが、自分のロシア語にはかなり不安があった。なので、友人に協力してもらいながら、探すことになった。

最初は街角に張ってあるチラシにある電話にかけていた。そして、ある不動産会社が見つかった。この不動産会社は、アパートの空き情報のみを提供し、あとは顧客と大家とので勝手に交渉しろといったシステムだった。電話した時に希望した地域にお手頃な値段の物件があると言い、また紹介するためには契約を結ぶ必要があるので事務所まで来いと言う。少し怪しいなとは思いつつも、言われたとおりの場所に行った。小さな事務所におばさんが一人、電話の前に座っていた。契約内容について説明を受けたあと、契約を結び、1ヶ月間の情報提供料として、約50ドルを支払った。そして、目的の物件の大家とのアポイントを取ってもらい、待ち合わせ場所に。しかし、2時間待っても誰も来ないし、教えられたTELに電話しても誰もでない。
そうして、アパート探しの1日目が終わった。
posted by Masakazu at 21:55| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8471890

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。