2005年10月29日

モスクワでのアパート探し(2)

次の日、不動産屋に電話してどうなっているのかと聞いてみたが、なんともはっきりした回答がなかった。この物件をあきらめて、ほかの物件について聞いたが、今のところ、新しい物件は特にないという。「これは騙されたかな。」と思った。その後、連絡を取り続けたところ、たまに新しい物件情報もあった。でも、多くが役に立たない古い情報で、半分詐欺のようなものだった。

今度はそれに懲りて、一般的な不動産屋を使うことにした。一般的な不動産屋のシステムは、不動産屋のエージェントと一緒に物件を見に行く。気に入れば、大家さんと契約を結び、不動産屋に家賃の1ヶ月分を仲介料として支払うというものだ。また、通常、契約時には、最初の1ヶ月分の家賃と、家賃1ヶ月分の保証金(日本で言う敷金)を支払うことになる。このシステムの場合、トータルで家賃3ヶ月分が必要になるのだ。

仕事の当てもない状況なので、あまり高くないアパートを探していたのだが、なかなかいい物件が見つからなかった。で、結局、探し始めて2週間して「部屋」を借りることにした。この「部屋」というのは、大家さんのアパートの1部屋を借りるということで、ホームステイとも言える。

そこは、地下鉄の環状線の駅の近くの便利なところで、1ヶ月250ドル。大家さんはインテリそうなおばちゃんで、いい人そうだった。そのアパートには、ほかに思いっきり尻に敷かれたおじさんと猫2匹。まあ、仕事を探して、生活が安定するまではここで何とかやっていこうと思った。

そして、いよいよ就職活動を開始することにした。



posted by Masakazu at 00:23| モスクワ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8707099
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。