2009年11月12日

お気に入り生ビール

モスクワでも2人目の死亡者が出るもうやだ〜(悲しい顔)など、新型インフルエンザが猛威を振るっておりがく〜(落胆した顔)、街中でもマスクをしている人の姿をよく見かける目ようになりました。

私の対策は、うがい・手洗いの徹底と体力維持といったところです。
敢えてもう一つ加えるなら、アルコール消毒ビール

ということで、今日は私のお気に入りの生ビールビールを紹介したいと思います。

その生ビールの名前は、ピャーティイ・アケアン(Пятый Oкеан)。

5th Ocean.jpg


ノンフィルター・ビールで、名前の意味は第五の大洋。モスクワ州の隣のヴラジーミル州にあるビール工場で作られています。

この生ビールは、前回紹介したような生ビール屋ではなく、アシャン(Ашан)などのお店の中で売られており、店の中にビールの貯蔵タンクと冷蔵庫が置かれています。価格はアシャンで1L 98ルーブル(300円弱)だったと思います。

アシャンでは、ピャーティイ・アケアンのほかにも、数種類の生ビールが売られていて、一応、一通り試してみましたが、ほかのはイマイチで、もしピャーティイ・アケアンが売り切れの場合はあきらめて瓶ビールを買うというのが私のパターンです。

先日、ピャーティイ・アケアンの赤というのを見つけました。

5th Ocean red.jpg


味は黒ビールに近いのですが、黒ビールほど濃くなく、ハーフ&ハーフのような感じ。味は悪くないのですが、個人的にはちょっと中途半端な感じがして、普通のピャーティイ・アケアンのほうが好きハートたち(複数ハート)ですね。

妻は普段、あまりビールを飲まないのですが、ピャーティイ・アケアンは好きなようで、私が家で飲んでいると、妻もかなりの確率で参戦してきますー(長音記号2)

人気ブログランキングへ

新型インフルエンザ、いつになったら沈静化するのでしょうか
posted by Masakazu at 00:28| モスクワ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

生ビール屋

最近、駅の近くなどに増えているのが生ビール屋ビール
Draft Beer Shop1.jpg


生ビール屋というと、その場でいろいろな生ビールをジョッキで飲ませてくれるところかと思われるでしょうが、そうではなく、生ビールをペットボトルに注いで量り売りするお店のことです。

店の中は、こんな感じで、
Draft Beer Shop2.jpg


このような茶色のペットボトルに入れてくれます。
Draft Beer Bottle.jpg


品揃えは店によって異なりますが、平均的には1店舗に10種類くらいの生ビールが売られているようで、価格は1L 100-150ルーブル(300-450円)くらいが多いように思います。普通のビールが500mlで30ルーブル(90円)前後なので、価格は約2倍くらいでしょうか。

私の自宅の近辺でも、生ビール屋が2軒ほどあり、そのうち1軒は自宅のすぐ近くで、これまでに何度か買ってみましたが、当たりハズレが大きいexclamation&question(今のところ、3勝1敗)。

近所の生ビール屋は今年の春までは子供用品のお店でした。何かの雑誌本で読んだのですが、生ビール屋は小スペースで開店でき(ビール樽は何個も高く積み上げることで場所を節約)、少ない資金ふくろで開業可能で、不況に強いビジネス手(チョキ)だそうで、現在、モスクワで生ビール屋の店舗数が爆発的に増えているグッド(上向き矢印)とか。

いつも飲む瓶ビールよりは高いですが、レストランなどではあまり置いていない銘柄のビールも味わえるので、知らない銘柄のビールを試して楽しんでいます。希望を言えば、1L買ってまずいふらふらと辛いので、店で少量を試飲できるといいな目と思います。

人気ブログランキングへ

寒く牡羊座なってもビールはうまいわーい(嬉しい顔)
posted by Masakazu at 00:41| モスクワ | Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

黒ビール 飲み比べ5 「Балтика(Baltika)-6」

5月に入ったというのに、昨日は日中の気温は5度と肌寒くがく〜(落胆した顔)、雪雪が舞うこともしばしば。最初は外出する気満々だった妻は、すぐさま方針変更バッド(下向き矢印)。結局、私をいろいろな場所へ派遣して、用事を済ませましたもうやだ〜(悲しい顔)

今日は天気が良さそう晴れで、気温も10度以上グッド(上向き矢印)になるようなので、妻と散歩リゾートぐらい行きたいところです。

さて、久しぶりに黒ビール飲み比べビールシリーズです。第5弾は、ロシアビールБалтика(Baltika)の6番(バルチカ・シェスチョールカ)

Baltika6.JPG

アルコール度数は7.0%
500mlボトルで、価格は20ルーブル(約90円)有料

本Балтика(Baltika)はロシアビールで最も有名なブランドで、サンクト・ペテルブルグにあるロシア最大のビールメーカーの名前で、工場はサンクト・ペテルブルグとトゥーラに工場があります。

このバルチカ(Baltika)、番号によって種類が違います。

ビール0番(ノリョーフカ):ベザルカゴーリノエ(безалкогольное, ノンアルコール), アルコール度数−0.5%

ビール2番(ドゥヴォイカ):スヴェートラエ(светлое, ライト), アルコール度数−4.7%

ビール3番(トロイカ):クラシーチェスコエ(классическое, クラシック), アルコール度数−4.8%

ビール4番(チェトビョールカ):アリギナーリナエ(оригинальное, オリジナル), アルコール度数−5.6%

ビール5番(ピチョルカ):ザロトエ(золотое, ゴールド), アルコール度数−5.3%

ビール6番(シェスチョルカ):ポルテル(портер, 黒), アルコール度数−7.0%

ビール7番(セミョルカ):エクスポルトナエ(экспортное, 輸出向け), アルコール度数−5.4%

ビール8番(ヴァシミョールカ):プシェニーチナエ(пшеничное, 小麦), アルコール度数−7.0%

ビール9番(ヂェヴャートカ):クレープコエ(крепкое, ストロング), アルコール度数−8.0%

ビール例外:クーレル(кулер, アイス), アルコール度数−4.7%

さて、6番の味わいですが、オシム監督がよくいうセリフ「魚でも肉でもない(ни рыба ни мясо)」というのがピッタリ位置情報。つまり、不味いわけではないけど、うまくはないという中途半端な感じです。

ちなみに、オシム監督の話すのはセルビア語で、ロシア語ではありませんが、同じスラブ系語族のため、似た表現も多いのかもしれませんね。

banner.gif ←今週は有事に備えてビール自粛目1票お願いします
posted by Masakazu at 14:12| モスクワ | Comment(4) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

黒ビール 飲み比べ4 「Krusovice」

今日はまるで冬に後戻りしたかのように、雪雪が降り、一時は吹雪霧いていました。

この週末に車(セダン)冬タイヤから夏タイヤに替えようかと思っていましたが、もう少し冬タイヤのまま様子を見たほうがよさそうです眼鏡

さて、黒ビールビール飲み比べシリーズの第四弾
チェコビールKrusovice の黒

Krusovice.JPG


アルコール度数は3.8%

Krusoviceの黒は、Grotwergと同じルースカヤ・トラジーツィア(Русская традиция)の工場で製造されています。価格は78ルーブル(約351円)。

味わいは非常にやわらかい感じで、程よい苦味と甘みがあって、GOODexclamation×2
かなり自分好みの味です。

どうやら、チェコビールは私の口に合うみたいですわーい(嬉しい顔)

banner.gif ←次回はロシアビールを紹介します次項有1票お願いします
posted by Masakazu at 03:43| モスクワ ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

黒ビール 飲み比べ3 「Grotwerg」

第三弾はドイツビールGrotwerg Premium Bierの黒

Grotwerg.JPG


アルコール度数は5.0%

Grotwergの黒は、ルースカヤ・トラジーツィア(Русская традиция、ロシアの伝統)というモスクワにあるビール会社の工場で製造されています。価格は70ルーブル(約315円)。

飲んだ瞬間、「味うすっexclamation×2」と思わずつっこんでしまいましたわーい(嬉しい顔)。飲みやすすぎて、何か物足りない感じでした右斜め下

このGrotwerg、ドイツビールと謳っているものの、Googleで検索iモードしてみてもヒットするのはロシア語のサイトばかりexclamation&question

ちょっと怪しいですよねパスワード

ドイツではあまり有名ではないブランド三日月か、それともドイツでブランド登録だけをしてロシアのビールをドイツビールとして売っている目のかのどちらかではないかと思いますペン

banner.gif ←最近のおつまみはせんべいビール 1票お願いします
posted by Masakazu at 23:09| モスクワ | Comment(3) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

黒ビール 飲み比べ2 「Guinness」

第二弾は、世界で最も有名な黒ビール、アイルランドのギネス(Guinness)ビールビール

今回試飲したのはGuinness Foreign Extra

Guinness.JPG


アルコール度数は6.5%

サンクト・ペテルブルグにあるハイネケンビール工場で製造されており、私が調べた限り、外国ブランドの黒ビールの中で最も安く有料、38ルーブル(約171円)でするんるん

ギネスを飲むのはかなり久しぶりだったのですが、非常に苦くて、後味もよくなくふらふら、「Guinnessってこんな味だったっけexclamation&question」なんて思ってしまいました。オリジナルの味を覚えていないのでなんとも言えませんが、少なくともロシア製のギネスは私の口には合わないですねバッド(下向き矢印)

banner.gif ←週末は家事で大忙しあせあせ(飛び散る汗)1票お願いします
posted by Masakazu at 22:56| モスクワ | Comment(2) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

黒ビール 飲み比べ1 「Kozel」

折角、いろんな種類の黒ビールを試しているので、この場で紹介することにしました。

まず第一弾は、チェコビールKozel Dark(コーゼルの黒)

kozel.JPG


写真左はピルスナーで、右が黒

ピルスナーが私の口に合う目だけあって、黒も個人的には好きな味ですわーい(嬉しい顔) 甘みが比較的強く、味が濃く、アルコール度数は3.8%と低めです。

Kozelピルスナーはロシア製ですが、Kozel黒はチェコ製。
価格有料はピルスナーが20ルーブル(約90円)に対して、黒は75ルーブル(約338円)と4倍近くがく〜(落胆した顔)します。やっぱり、輸入してる分だけ割高右斜め上ですね

Kozelピルスナーはすでに現地生産しているわけですし、Kozel黒もそのうち輸入から現地生産に移るんでしょうか?

あんまり数量が出ないと、メーカーとしては現地生産する意味もないのかな。

banner.gif ←黒ビールでちょっと贅沢ー(長音記号1)な気分を味わってます位置情報1票お願いします
posted by Masakazu at 00:07| モスクワ | Comment(2) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

黒ビール

日本ではすでに桜が満開になっているところもあるみたいですね。お花見のシーズン真っ只中といったところでしょうか。昔は新入社員の初仕事がお花見の場所取りだどんっ(衝撃)といったこともあったようですが、今もそういうのはあるんでしょうか?
私が新入社員だった時は、お花見の場所取りどころか、会社で花見さえもなかったですあせあせ(飛び散る汗)
今年は桜の開花が早すぎて、新任社員が入社する前に桜が散ってしまうなんてところもあるのかもしれませんねたらーっ(汗)

日本同様、気温がぐんぐん上がっているここモスクワ晴れ 暖かくなってくると、ビールビールがいつもよりおいしく感じるのは私だけではないはずexclamation×2 自然とビールを飲む日が右斜め上増えてしまいます。

私の定番は、Velkopopovicky Kozel(通称Kozel(コーゼル))というチェコビールのピルスナー。輸入品ではなく、ロシア・カルーガ州での現地生産品で、500mlビンで20ルーブル(約90円)程度有料

しかし、ちょっとマンネリ化してきたので、いろいろなビールを試しています。
で、今、ちょっとはまりかけているのが黒ビールぴかぴか(新しい)です。

ロシアで黒ビールははっきり言って、メジャーではありませんもうやだ〜(悲しい顔)。それは、ロシアのビールの銘柄はかなりたくさんありますが、黒ビールはというと、片手で足りてしまうぐらいしかないことでもわかります。とはいえ、ドイツやチェコなどの外国銘柄が攻勢をかけているようで、店頭には結構な数の黒ビールが並んでいます。

「自分の好みに合うのはどの黒ビールなのか?」

これをテーマに、今、スーパーマーケットへ行くたびに、飲んだことのない黒ビールを買っては、家で試飲するのが楽しみになっています。

banner.gif ←妻がはまっているのは、桃のシロップ漬け満月1票お願いします
posted by Masakazu at 20:20| モスクワ | Comment(2) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。