2006年02月07日

祝 デメンティエワ優勝

東レパンパシフィックテニスで、ロシアの女子選手の中で一番のお気に入りのエレーナ・デメンティエワが優勝手(チョキ)、個人的にとってもうれしい。もちろん、注目度は準決勝のヒンギスVSマーシャ戦のほうが高かっただろうし、決勝でも会場はヒンギス贔屓だったのだろう中でよくやった。これまで大きな大会でなかなか優勝ができなかったものの、フェドカップではロシアチームの中心としてチームを引っ張り、優勝に導いた。フェドカップの試合は、ほとんどテレビで見ていたのだが、本当に粘り強かった。これで、レーナ(エレーナ・デメンティエワ)も文字通り、トップの仲間入りだ。

今週は、レーナ(エレーナ・デメンティエワ)のおかげで、気分がいいわーい(嬉しい顔)

banner.gif ←ポチッとお願いします。
posted by Masakazu at 14:58| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

ショッキングなニュース

今朝、インターネットでショッキングなニュースを見つけてしまいました。

サハリンUプロジェクトが行われているサハリンのコルサコフで、日本人のビジネスマンの方が殺害されたとのこと。私自身、仕事の関係で何度か訪問したことがあるところだけに、ショックは大きいです。亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


posted by Masakazu at 02:01| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

エチケット

ロシアでの生活する際に知っておいて損はないエチケットについていくつか挙げておきます。

1. レディーファースト
ドアを開けてあげる。エレベーターには女性に先に乗ってもらい、先に降りてもらう。ドアで開けて鉢合わせになったら、まず女性に道を譲るなど。ロシアの女性はそれが当たり前のように思っているので、知らずにいると、女性にぶつかったり、常識のない人だと思われる可能性があります。

2. 荷物は基本的に男性が持つ、運ぶ
男性が大きな荷物を2個、3個持っていて、女性は自分のバッグのみなんて光景はよく見ます。買い物に一緒に行くと、自動的に男性が荷物持ちになります。これは日本でも同じかもしれません。

3. デート代は男性持ち
基本的に、デート代はすべて男性持ちです。でも、私の経験では、食事代は私、映画代は彼女とかいったパターンが意外に多かったような気がします。

4. コート
女性がコートを脱ぐのを手伝ったり、着るのを手伝ったりします。ここでも、レディーファーストが基本です。

ほかには、高齢者や妊婦さんに席を譲るってのがあります。日本よりも譲る人が多いこと、おばさんやおばあさんがほかの人を退かせて座るってのが違いでしょうか。

もちろん、個人差がありますので、その辺りは状況に応じて対応することになります。
posted by Masakazu at 00:34| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

大雪

日本では大雪のようですが、モスクワでもここ数日雪が降り続いていて、どんどん積ってます。この時期、クリスマスのカードやプレゼントなどの配達などで交通量が増えているので、渋滞がひどいのに、それに大雪が加わり、大変な状態のようです。通常、私は地下鉄しか使わないので、道が歩きにくいぐらいで、そこまで影響は受けてません。

週間予報によると、これから少しずつ冷え込んでいくようです。ホワイトクリスマスになることも間違いないといったところでしょうか。
posted by Masakazu at 00:08| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

足元のお手入れ

この時期のモスクワは、とっても道路が汚い。パターンとしては、
雪が降る→ 雪が溶ける → 道路が凍りつく → 凍結防止剤を撒く → 水たまりがいっぱい

スパイクタイヤでアスファルトが削られて汚さを増している。それに、道路の排水が悪いことで、靴が汚れないようにするのはムリふらふら あと、凍結防止剤の影響で、靴を汚れたままにしておくと、すぐに靴が傷んでしまう。靴の質の問題もあるかもしれないけど、この国の靴の寿命はほかの国に比べて短いんじゃないでしょうか?

そこで、必需品となっているのが靴磨きスポンジ。おしゃれを気にする女性たちは大体常備している。でも、その使い方には問題があるように思う。というのは、汚れを全く拭き取らずに、上からスポンジで塗っていること。見た目はきれいになるけど、汚れも一緒に塗りこんでるから、靴は傷む。

私は汚れを紙ナプキンやぼろ布で頻繁に拭き取り、チューブタイプのクリームを使って、定期的に手入れしている。結構時間もかかるし、疲れるけど、磨き上げた靴のあのつやを見た時に達成感がたまらない。最近は、妻のブーツまで磨いている(磨かされているどんっ(衝撃))のだが、ブーツ1足が自分の靴2足分の時間も手間もかかる。それでも、妻も喜んでくれるし、少しでもブーツが長持ちすれば、環境にもお財布にもやさしいので、長期的に見ればプラスかなグッド(上向き矢印)
posted by Masakazu at 01:15| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

変更相次ぐ

ロシアでは、法律や規定が本当によく変わる。全般的には改善の方向に向かっているので、歓迎すべきなのだが、その変更のスピードが早くすぎ、変更の与える影響が大きい場合が多い。変更の周知から実施までの時間が短くて、その変更に対応するのが大変で、大体が後手後手となってしまう。また、法律や規定が変わったからと言って、それが現場ですぐに実行されるかと言えば、場所によって対応がまちまち。

とりあえず、法律や規定を変更し、実施してみて、不具合があったら修正しようというのが基本的なスタンスのようだ。

最近の事例では、出入国カード。これはロシアに入国する外国人が記入するもので、これまで英語とロシア語が併記されたカードだった。ところが、今年の10月(実際には9月下旬)に突然、ロシア語のみで書かれたカードに変更された。

まず、この変更自体が意味不明。考えられるとすれば、ロシア入管が管理しやすくするくらい。この意味不明の変更は、もちろん、諸外国から大不評で、猛反発を受ける。旅行などでロシアに来る外国人が全員、ロシア語を理解できるわけもなく、トラブルも多かったと思われる。

で、今月から、英語とロシア語が併記されたカードに変更されたとのことで、一件落着。

ついでに、変更と言えば、モスクワを始めとするいくつかの地域で、12月1日から市外局番が変更されるようです。
posted by Masakazu at 17:12| モスクワ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。