2010年02月28日

バイリンガル

保育園に復帰して3日で新たなウィルスをもらってきた息子病院。現在は体調が戻っているものの、お医者さんと相談した結果、しばらく保育園をお休みして、自宅で療養することになり、本人は非常に喜んでいるわーい(嬉しい顔)模様です。

その息子、ここ最近、言葉を話すのが楽しいらしく、よく私のところへ動物や食べ物などのカードを持ってきては、遊ぼうと言ってきます。以前は簡単な言葉しか繰り返さなかったのに、今は多少長い言葉でも繰り返すようになり、息子のボキャブラリーがどんどん増えてきています右斜め上。それと同時に、私と話す時は日本語、妻や義父などと話をする時はロシア語、と上手に使い分けています。もちろん、そうなるように、私は日本語、妻はロシア語で息子と会話をするようにしていて、息子が日本語でもロシア語でも理解していることはこれまでもわかっていましたが、実際、息子が日本語とロシア語を使い分けて話しているのを間近で見ると、普通にすごいなぁぴかぴか(新しい)と感心してしまいます。

人気ブログランキングへ

そのうち、 「お父さんのロシア語、変」とか言われてしまうのでしょうかexclamation&question
posted by Masakazu at 02:00| モスクワ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

イルカショー

先週末、ugougoと一緒にモスクワ探検のシャーミンさんご一家とイルカショーを見に行ってきました。

チケットを確保するため、ショーが始まる1時間前に現地に行っておく必要があったので、少し余裕を持った待ち合わせ時間を設定したのですが、さすがは日本人同士exclamation×2、待ち合わせ時間に合流でき、1時間20分ほど前に現地に着いてしまいました。

チケット売り場の場所がイルカショーのある建物の正面ではなく、建物の左奥の別の入口から入ったところにあり、また早く着き過ぎたこともあり、チケット売り場がまだ開いておらず、売り場に気づかず、一旦、素通りしていましましたたらーっ(汗)。少し時間は早かったのですが、中に人がいたので、お願いしてチケットを無事確保手(チョキ)

建物の正面のところは、幼児用のミニ遊園地遊園地のようになっていて、建物の中にはおもちゃ売り場プレゼントが所狭しと並んでいて、子供たちにとっては天国グッド(上向き矢印)でも、親にとっては鬼門バッド(下向き矢印)。ショーまでの待ち時間、子供たちの要求をかわし、無事、イルカショーの会場入り次項有

イルカショーの様子は、シャーミンさんの記事をご参照ください。
ベルーガ(シロイルカ)、オットセイ、イルカの順に登場。
息子はショーの始まる前から「こわーい」を連発していて、ベルーガが登場してからも「こわーい」を連発。オットセイの登場あたりから少し様子が変わってきて、イルカが出てくるころには絶好調で、手をたたいたりして、楽しんだ模様わーい(嬉しい顔)。ショーは非常に見ごたえがあり、恐らく私たちは息子よりも興奮してショーを見ていたのではないでしょうか。ショー終了後、イルカたちと写真を撮るカメラことができるのですが、すごい行列ふらふらだったのですぐにあきらめ、子供たちの好きなうどんやさんへ車(セダン)

ugougo君は食欲旺盛にうどんを食べていたのですが、うちの息子はというと、うどんとおにぎりを少し食べただけもうやだ〜(悲しい顔)で、お遊びタイム。そのうち、ugougo君が食事を終えて参戦し、店内でしばらく二人仲良く遊んでおりました(Iさん、店内でうるさくしてすみませんでしたあせあせ(飛び散る汗))。

うどんやさんを後にし、シャーミンさんご一家を送って、帰路へついたのですが、息子はugougo君がいなくなるとすぐに寝息眠い(睡眠)を立てていました。

人気ブログランキングへ

ショーの間は童心に戻っていたような気がします目
posted by Masakazu at 14:51| モスクワ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

はなびーず

土曜日にモスクワへ帰ってきたばかりの息子は、まだ時差ボケ時計があるらしく、夜に寝る時間はこれまでと変わらなくても、朝は5時頃に目を覚まし、6時には元気全開手(チョキ)。今朝は朝風呂いい気分(温泉)にも入ってご機嫌でした。

息子はパソコンの前に座り、機嫌よく遊んでいたようなのですが、突然、妻が怒ってむかっ(怒り)半泣きの息子を私のところに連れてきました。どうしたのかと事情を聞いてみると、息子が鼻の中へビーズの球を突っ込んで取れなくなったとがく〜(落胆した顔)

最初、ライトひらめきを当てて息子の鼻の中を見た時には、どちらの穴に入っているのかわからないくらい奥まで入っていました。赤ちゃん用の鼻水取りで吸引したり、掃除機で吸引したりしましたが、全く取れる気配がなく、あきらめて病院病院へ行く手筈をつけました。

妻の話では、病院では切開して異物を取り出すということだったので、息子の顔に傷が入るのはかわいそうだなもうやだ〜(悲しい顔)と思いましたが、仕方ありません。息子はというと、妻にこっぴどく叱られたので、泣いて不貞寝眠い(睡眠)をしていました。私が出勤前に息子の様子を見に行ったところ、ライトなしでも鼻の穴からビーズが見える位置に降りてきていました。

「これだったら取れるのでは」

妻を呼んで息子が動かないように支えてもらい、掃除機での吸引に再挑戦したところ、カンカン、という音がし、見事に取れましたわーい(嬉しい顔)

その後、妻は病院にキャンセルの連絡電話を入れ、一件落着。
妻もホッとしたようで、「このビーズ、記念に取っておかないとね。」と笑いながら言っていました。

人気ブログランキングへ

妻から掃除機で取ったという説明を聞いた病院の方は、大笑いexclamation×2だったらしい
posted by Masakazu at 01:52| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

近くのうどんやさんが閉店

2009年2月に、自宅近くにオープンしたと紹介しましたうどんやさん(その記事はこちら)ですが、この日曜日に行ったら、残念なことに閉店していましたもうやだ〜(悲しい顔)

ショッピング・モールRIOのうどんやさんへは、週末の買い物のついでにレストラン行ったり、ダーチャからの帰り道に車(セダン)寄ったりと、今年の夏以降、ほぼ週1exclamationのペースで通っていました。うどん大好きの息子はRIOに近くに来ると、反射的に「うどん、イェー手(チョキ)はしゃぎ出す演劇ほどで、我が家の生活にRIOのうどんやさんはがっつり入り込んでいたので、非常にショックですがく〜(落胆した顔)

また、この土曜日にJAL飛行機で帰ってくる妻と息子をドモジェドヴォ空港(Домодедово)に迎えに行く途中に寄ったREAL Brateevoのうどんやさんも無くなっていましたバッド(下向き矢印)

私が閉店を確認したいずれの店舗もフランチャイズで、直営店ではありません。うどんやさんのHPによると、昨日(2月1日)、ニジニ・ノヴゴロド(Нижний-Новгород)の店舗をオープン位置情報したそうですし、うどんやさん自体が無くなるということではないようですので、モスクワのみなさん、ご安心をexclamation×2

人気ブログランキングへ

自宅近くで外食する唯一の場所だっただけに、イタイ、痛すぎるたらーっ(汗)
posted by Masakazu at 00:23| モスクワ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

シェレメチェヴォ空港のターミナル名変更

昨年12月より、シェレメチェヴォ空港(Шереметьево) のターミナル名が変更になりましたexclamation×2

これまで、アエロフロート(Аэрофлот)飛行機の成田便など主な国際線が発着していたシェレメチェヴォ空港第2ターミナル(Шереметьево-2)はターミナルFに変更され、また国内線のメイン空港であった第1ターミナル(Шереметьево-1)はターミナルBに変更される予定です。

また、2009年11月15日に運用が開始され、将来、アエロフロートが加入しているSky Teamの専用となる予定の第3ターミナル(Шереметьево-3)がターミナルDとなりました。
現在、ターミナルDからはサンクト・ペテルブルグ行きなど国内線の一部が発着しているのみですが、2010年3月15日からはアエロフロートの国際線76便、国内線38便、Sky Teamメンバーの国際線31便などの発着がターミナルDからなる予定だそうです。これまでは、アエロフロートの国際線から国内線への乗り継ぎするためには、第2ターミナルから第1ターミナルへバスバスなどで移動する必要がありましたが、3月15日以降はターミナル移動の必要がなくなり、非常に便利になるはずですわーい(嬉しい顔)

それから、第1ターミナル(Шереметьево-1)の隣にある新しいターミナルCの名称はそのままです。以前、ターミナルCを使用したことがあるのですが、なぜこのターミナルだけ、数字ではなく、Cなのか、またCは英語なのか、ロシア語なのか(ロシア語のCは英語のSに該当)、ターミナル・シー(ロシア語読みではテルミナル・ツェー)なのか、ターミナル・エスなのか、不思議に思っていましたが、やっと謎が解けましたひらめき

そのほか、ターミナルF(旧第2ターミナル)の隣に、ターミナルEが2010年4-6月頃、オープンする予定だそうです。シェレメチェヴォ空港全体の地図はこちら

ターミナル名の変更と、ターミナルの数の増加で、しばらくは混乱してしまいそうですあせあせ(飛び散る汗)

人気ブログランキングへ

なぜターミナルAがないのかは謎目
posted by Masakazu at 15:08| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

遅ればせながら

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

昨日、日本からモスクワに戻ってきました飛行機

私が日本へ帰るのはだいたい年に1回。会いたいけれど、ずっと会えていない友人が多くいます。これまでは、なるべく多くの友人と会えるよう予定を組んでいたのですが、休暇で帰ってきているのに、予定が詰まりすぎて逆に疲れてしまうがく〜(落胆した顔)ということもしばしばありました。

なので、今回は、高校時代からの友人、サラリーマンの時にテニスを通じて知り合った友人など、人と会う約束を最小限にとどめ、あとは、実家でのんびりとすごしたり、妻と二人で旅行黒ハートへ行ったりと、十分に英気を養い、リフレッシュできましたわーい(嬉しい顔)。もちろん、おいしいものをたくさん食べてきたので、確実に体重はUPグッド(上向き矢印)しています。

しばらくブログを放置しておりましたが、これからぼちぼち更新していきますので、今後ともご愛読頂ければ幸いです。

人気ブログランキングへ

実家でのマイナス1℃とモスクワのマイナス18度では、実家のほうが寒く感じたのは気のせいでしょうかたらーっ(汗)
posted by Masakazu at 03:53| モスクワ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

タイツ

暖冬だ晴れ、いつになったら本当の冬が来るのかー(長音記号1)、などと1週間前まで言っていたのが嘘のように、今週は冷え込みが厳しく牡羊座、マイナス20度以下の日が続いていますがく〜(落胆した顔)。でも、明日から少し気温が上がってくるようですグッド(上向き矢印)

いきなり気温が急に15度とか下がった右斜め下ので、身体のほうが対応しきれず、少し体調が崩してしましたあせあせ(飛び散る汗)が、やっと体調が戻ってきましたわーい(嬉しい顔)

私は基本的に暑がりなので、冬でも普段はタイツの類を履きません。というか、モスクワに来てから2年くらいはタイツとか持っていませんでしたどんっ(衝撃)。しかし、近年は年を重ねて、以前よりも寒さに弱くなっていることを自覚しもうやだ〜(悲しい顔)、今年の1月に帰国した際、発熱機能を持つ生地のタイツぴかぴか(新しい)を1枚購入していました。

これまで試着以外では履く機会がなく、箪笥の肥やしとなっていたのですが、ついに今週の月曜の朝、あのタイツが陽の目を見るときがきました。ところが、タイツを探しても見つかりませんがく〜(落胆した顔)。おかしいなぁと思いながら、仕方なく、見つかった普通のタイツを履いていると、妻が来て、

「あっ、あなたのタイツ、借りてるわよ。温かくていいわ黒ハート

ああ、そういうことなのねバッド(下向き矢印)。そら、探してもないわな。

来月、日本で妻用にタイツを数枚、購入させて頂きます有料

人気ブログランキングへ

個人的に、冬のベストコンディションは、雪が積もっていて、風のないマイナス10度前後だと思っています雪
posted by Masakazu at 01:30| モスクワ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

ハリコフ旅行 4

中央市場のまわりにファーストフードファーストフードは何軒かあったのですが、ゆっくり落ち着けるようなところがなく、中央市場を過ぎて駅のほうまで戻ったのですが、入りたいと思えるようなカフェやレストランがなくふらふら、列車までの時間時計もまだ少しあったので、どこ行きかわからない路面電車電車へ乗車。

Kharkov_Tram.JPG

なかなかレトロな感じで、いい味出してます。

終点まで行って、また同じ路面電車で帰ってこようかと思いましたが、しばらくすると住宅がまばらになり、車窓から見える景色も寂しくなり、ほかの乗客もまばらになってきたので、残っていた大半の乗客が下車した停留所で下車右斜め下し、その停留所近く止まっていたマルシュルートカ(乗り合いタクシー)車(RV)がサヴェーツカヤ駅まで行くのを確認して、乗車して後戻り次項有

サヴェーツカヤ駅の近くで、ロシア資本の日本食チェーン・ヤキトリヤ(Якитория)やウクライナ資本の日本食チェーン・スシヤ(CушиЯ) と同じ通りに、落ち着いた感じのレストランがあったので、そこで遅めのランチレストラン&ビールビールで取り、ハリコフ観光終了。

食後、地下鉄で駅まで戻り、売店でビールと食料を買い込みわーい(嬉しい顔)、列車へ乗り込みました。

帰りは同室のおじさんがサハリン在住で、私もサハリンに何度か行ったことがあるという話で盛り上がったと思ったら、ロシア国境では、係官の女性カバンが私のパスポートを見て、
「北方領土は渡さないわよexclamation
といきなり、冗談っぽく愛らしい笑顔で言うので、話を聞いてみると、彼女、国後島出身でした位置情報

2日間の小旅行でしたが、いろんな意味で退屈しませんでしたー(長音記号2)

人気ブログランキングへ

ハリコフ旅行中に見た女性で一番きれい揺れるハートだったのは、国後島出身のロシア国境の女性係官ひらめき
posted by Masakazu at 01:48| モスクワ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

爆弾騒ぎ

今週月曜の夜12時頃夜、息子を寝かせて自分もそのまま寝ている眠い(睡眠)と、義父が突然、部屋に入ってきて、

「このアパートに爆弾爆弾が仕掛けられた可能性があるから、今すぐ非難しないといけないexclamation×2 早く着替えて外へ出ろexclamation

最初は寝ぼけていたので、「何をこんな時間に言ってんねん。そんな冗談、ええわ。」と思っていたのですが、窓から下を見ると、パトカーが数台止まっており、救急車、消防車も来ていました。それを見て、これは冗談ではないのだと気づき、急いで外に出る準備を始めましたモバQ

非難するとなると、いつ戻って来られるかもわからない。また、最悪がく〜(落胆した顔)のことも考えなくてはなりません。となると、何を持っていくべきか。とりあえず、寝ぼけた頭で考え、思いついた、これは重要というものをカバンに入れ、暖かい服を着ました。寝ているところを起こされて愚図っている息子あせあせ(飛び散る汗)に妻と一緒に服を着させ、準備完了。

家の玄関を出て出口に向かおうとしたところ、先に外へ避難していた義妹がエレベータで上がってきて、

「警察がもう家に戻ってもいいってさわーい(嬉しい顔)

この義妹の一言で、今回の避難活動は終了バッド(下向き矢印)

今回の爆弾騒ぎの真相は定かではありませんが、どうも入口が隣のアパートに爆弾が仕掛けられているか、爆弾らしきものがあるかという情報が警察に入り電話、警察が出動したようです。いたずらだったのか何なのかはわかりませんが、以外と短時間で、警察は安全を確認できた模様です。

列車爆破テロがあったばかりだけに、警察もこうした情報には敏感になっているのでしょう。家族も私も、今回の騒ぎで10年前の住宅爆破テロを思い出しましたたらーっ(汗)

人気ブログランキングへ

これを機会に、非難する際に持ち出すものをきちんと決めておくことにします目
posted by Masakazu at 01:40| モスクワ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

ハリコフ旅行 3

戦車などが展示されていたのは広場の一部で、そこにはソビエト時代に建てられたと思われるドデカイ銅像や2つの地下鉄の駅「歴史博物館(Исторический музей)」と「(旧称)サヴェーツカヤ(Советская)」(*新しい駅名を覚えておらず、調べても分からず)がありました。

Kharkov_Sovetskaya.JPG


広場の名称の表示はどこにもなかったのですが、どうやら、この広場、憲法広場(Площадь Конституции)というらしい。

憲法広場を超えて、スムスカヤ通り(улица Сумская)を抜けて行くと目的の自由広場(Площадь свободы)がありました。

Kharkov_Freedom Square1.JPG


Kharkov_Freedom Square2.JPG


Kharkov_Freedom Square3.JPG


確かに広い。でも、ただ広いだけで何もないあせあせ(飛び散る汗)

また、この自由広場、同室だったおばさまキスマークや帰りの列車であったウクライナ国境の係官眼鏡から、「ヨーロッパで最も広い広場だ」と聞かされていたのですが、Wikipedia によると、ヨーロッパ一ではなくもうやだ〜(悲しい顔)、ヨーロッパで5番目、世界で10番目らしい。

自由広場へ行くという目的を達成手(チョキ)してしまったので、近くのカフェ喫茶店にでも入ってゆっくりしようかと思い、適当なカフェを探したのですが、カフェ自体がほとんど見つからずふらふら、カフェなどの店も近くにありそうな中央市場方面へ向かいましたくつ。旅行に来て、その土地の市場へ行くというのは、私にとっては旅の楽しみの一つexclamation&question

まず、中央市場の対岸に人だかりがあったので行ってみると、蚤の市でした。

Kharkov_Flea Market1.JPG

入口付近は道が狭く、人の行き来が激しく、人の邪魔になりそうだったので、道が広い奥に入ってから写真を撮ったのですが、これでは、あまり人がいないようにしか見えませんねたらーっ(汗)

Kharkov_Flea Market2.JPG

ざっくりとしたくくりでいうと、日用品

Kharkov_Flea Market3.JPG

音響機器もあります。

Kharkov_Flea Market4.JPG

何の部品だかよくわかりませんが、ロシア車のジグリ(Жигули)などの中古部品もあるのでしょう。

置かれているものを見ても、本当にガラクタとしか思えないものがほとんど。それでも人々で賑わっていました。

中央市場も見てみましたが、店はたくさんあるもの、品揃えに大差がなく、品目が非常に限定的で、あまり経済も流通もよくないバッド(下向き矢印)のだろうなぁという印象を受けました。

人気ブログランキングへ

週末からやっと冬らしい天気霧になりました。今日は一日中雪雪です
posted by Masakazu at 00:02| モスクワ ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。